へようこそ。

大沼のへら鮒

札幌中央へら鮒釣研究会(札幌中央へら研)は、1972年の結成以来、北海道札幌市近郊石狩川水系の野釣りを中心に活動を続けているへら鮒釣りの愛好会です。
年間12回、茨戸川、大沼・小沼、月形皆楽公園沼、北村、美唄、滝川池の前水上公園沼などで例会を行っています。

このサイトでは、データベース化された当会の例会成績をいろいろな角度から公開しています。

スポンサード リンク

【2016年度 第3回 (05/22)砂川オアシスパーク】
東面護岸で17.69kg。
大型 36.20cm。

  • 【2015/12/02:お知らせ】
    2015年度の総会が終了し、来年度(2016年度)の例会日程が決まりました。
  • 【2014/09/17:お知らせ】
    釣り場マップで拡縮などを行うコントロールが表示されない問題を修正しました。
    また、スマホでの例会スナップ表示で写真をタップした場合に実サイズ表示するようにしました。
  • 【2014/08/18:お知らせ】
    先日お知らせした「石狩市の茨戸川・生振大橋下の駐車場で竿ケース(光沢のある黒色の2層式)をお忘れの方・・・」の件、持ち主の方と連絡が取れました。ご協力、ありがとうございました。
  • 2016年度の例会日程は、第3回まで終了しています。現時点の年間成績上位者は、以下の通りです。
    詳細はこちらから。
    首 位
    永井厚司 33.85 kg 出席 3 回、 平均 11.28 kg
    第2位
    金子眞仁 28.18 kg 出席 3 回、 平均 9.39 kg
    第3位
    西村 昭 24.41 kg 出席 3 回、 平均 8.14 kg
    第4位
    野口 勇 22.82 kg 出席 3 回、 平均 7.61 kg
    第5位
    竹田文夫 21.06 kg 出席 3 回、 平均 7.02 kg
    大 型
    金子眞仁 48.50 cm 第2回 大沼・小沼

2016年度  第3回  (05/22)  砂川オアシスパーク  天候:晴

砂川オアシスパーク

 結果順位

優 勝
西村 昭17.69 kg
第2位
本 義弘16.22 kg
第3位
野口 勇15.04 kg
第4位
福井義高12.27 kg
第5位
竹田文夫11.82 kg
大 型
本 義弘36.20 cm

 例会スナップ

26枚のスナップが登録されています

 2016年度第3回例会のスナップ表示

 状況

今年のオアシスはかなり期待できそうな状況らしい。オダ場や南面の流れ込みなどではハタキが見られ、集合場所の東面護岸では異常なほどのモジリ。前日はオダ場で好釣果が出たという。
本日の最高気温は5月としては異例の29度。南東の風が昼前には南西の風に変わり、最大5m程度まで強くなるようだ。

スタートしてみると、人気は北西面のオダ場と集合場所の東面護岸に二分された。
オダ場は前日の状況から本命と思われたが、ウグイとマブの活性が高くて苦戦。唯一、長竿で深場を狙った会員が16kg台で2位に入った。
強かったのは朝のモジリが凄かった集合場所の東面護岸で、1位と3位はここから。型は小さめながら80枚超で15〜17kg台を記録。ここは夏場は藻が密集する場所で2本ほどのタチ。1本〜1本半の宙を狙ったという。

今回の総重量は108kg。平均9kg台の好例会となった。

 優勝データ

入座場所 東面護岸

竿 15 タチ 1.9 タナ 1.5 
道糸 1.0 長ス 0.5(40cm) 短ス 0.5(30cm) 
上バリ バラサ(6) 下バリ バラサ(6) 
ウキ 外山PCムク(16) 

釣り方 両ダンゴ 
バラケ クワセ
マッシュ2+尺上1+水2.8(20回ほど練ったカタメを手水でヤワメに) 
枚数 80枚 

コメント
30分くらいで釣れ出し、最後まで時間8枚ペースが続いた。多かったアタリは、なじんで戻して軽くおさえるパターン。結構バラシやハリス切れが多かった。 

スポンサード リンク

メニューを閉じる