へようこそ。

大沼のへら鮒

札幌中央へら鮒釣研究会(札幌中央へら研)は、1972年の結成以来、北海道札幌市近郊石狩川水系の野釣りを中心に活動を続けているへら鮒釣りの愛好会です。
年間12回、茨戸川、大沼・小沼、月形皆楽公園沼、北村、美唄、滝川池の前水上公園沼などで例会を行っています。

このサイトでは、データベース化された当会の例会成績をいろいろな角度から公開しています。

スポンサード リンク

【2016年度 第10回 (09/25)月形皆楽公園沼】
ステージ入口付近・木の下で5.26kg。
大型 36.50cm。

  • 【2016/09/04:お知らせ】
    第8回例会(しのつ湖)は、都合により第9回例会(茨戸川)と入れ替えました。
    また、中止となった8/21の月形例会は9/25に第10回例会として組み込みました。
  • 【2016/08/29:お知らせ】
    先日の「しのつ湖・南側駐車場にてがまかつの竿ケース(黄色地にピンクの縁取り)をお忘れの方・・・」の件、持ち主の方と連絡が取れました。
  • 【2016/08/21:お知らせ】
    第8回例会(月形皆楽公園沼)は、大雨による水位上昇のため中止としました。
    代替日程は次回例会実施時に検討・調整する予定です。
  • 2016年度の例会日程は、第10回まで終了しています。現時点の年間成績上位者は、以下の通りです。
    詳細はこちらから。
    首 位
    永井厚司 56.19 kg 出席 10 回、 平均 5.62 kg
    第2位
    西村 昭 51.81 kg 出席 10 回、 平均 5.18 kg
    第3位
    本 義弘 49.07 kg 出席 10 回、 平均 4.91 kg
    第4位
    福井義高 48.63 kg 出席 10 回、 平均 4.86 kg
    第5位
    金子眞仁 42.32 kg 出席 9 回、 平均 4.70 kg
    大 型
    金子眞仁 48.50 cm 第2回 大沼・小沼

2016年度  第10回  (09/25)  月形皆楽公園沼  天候:曇/晴

月形皆楽公園沼

 結果順位

優 勝
本 義弘5.26 kg
第2位
大島祐司4.27 kg
第3位
永井厚司3.04 kg
第4位
鹿内裕之3.03 kg
第5位
小滝洋一2.71 kg
大 型
永井厚司36.50 cm

 例会スナップ

26枚のスナップが登録されています

 2016年度第10回例会のスナップ表示

 状況

今回は、8月に増水のため中止となった月形の代替開催。朝のうちは肌寒いが最高気温は25度。終日南寄りの風で、月形での釣りには最適の風向き。
22日の祝日に試釣したところ、赤橋付近で小ベラ8枚程度。居つきの鵜が活発に魚を追っていて、かなり影響がある様子。良かったのはステージ入口付近のようで、尺上混じりで20枚ほど出たという。

スタートしてみると、ステージ入口付近、流れ込み付近、赤橋付近、小沼寄りの土管付近、小沼奥のボート釣りで1名、といった感じで、入座場所は分散。
全体に食い渋りが激しく、どこのポイントもアタリを出させるのに苦労した様子で、もうひとつ釣果は伸びなかった。

優勝はステージ入口付近。練りこんでバラケを押さえた両ダンゴが良かったようだ。2位は小沼奥のボート釣り、3位は流れ込み付近、という結果。

次回は北村一円。今年度の例会も10月の2回を残すのみとなった。

 優勝データ

入座場所 ステージ入口付近・木の下

竿 17 タチ - タナ 1.5 
道糸 1.0 長ス 0.5(40cm) 短ス 0.5(30cm) 
上バリ 角マルチ(7) 下バリ 角マルチ(6) 
ウキ 阿吽・宙ムク(14) 

釣り方 両ダンゴ 
バラケ クワセ
マッシュ2+尺上1+水3.5(ヤワメを練りこんでヤワネバに) 
枚数 25枚 

コメント
朝一から10時頃までの時間帯に集中して釣れた。ジャミはそれほどうるさくなかったが、ヘラも渋く、練りこんでバラケを抑えて待ち釣りに徹した。 

スポンサード リンク

メニューを閉じる