へようこそ。

大沼のへら鮒

札幌中央へら鮒釣研究会(札幌中央へら研)は、1972年の結成以来、北海道札幌市近郊石狩川水系の野釣りを中心に活動を続けているへら鮒釣りの愛好会です。
年間12回、茨戸川、大沼・小沼、月形皆楽公園沼、北村、美唄、滝川池の前水上公園沼などで例会を行っています。

このサイトでは、データベース化された当会の例会成績をいろいろな角度から公開しています。

スポンサード リンク

  • 【2018/11/30:お知らせ】
    2018年度の総会が終了し、来年度(2019年度)の例会日程が決まりました。
  • 【2018/07/20:お知らせ】
    7/29に繰り延べした第7回例会(月形皆楽公園沼)は、都合により茨戸川に変更となりました。
  • 【2018/07/17:お知らせ】
    第7回例会(月形皆楽公園沼)は、都合により7/29に繰り延べとなりました。
  • 2019年度の全例会日程が終了しました。年間成績上位者は以下の通りです。
    詳細はこちらから。
    優 勝
    鹿内裕之 63.66 kg 出席 12 回、 平均 5.31 kg
    第2位
    本 義弘 62.50 kg 出席 12 回、 平均 5.21 kg
    第3位
    上田隆啓 60.67 kg 出席 12 回、 平均 5.06 kg
    第4位
    西村 昭 58.57 kg 出席 12 回、 平均 4.88 kg
    第5位
    竹田文夫 56.80 kg 出席 12 回、 平均 4.73 kg
    大 型
    本 義弘 44.80 cm 第2回 大沼・小沼

2019年度  第12回  (10/20)  南幌三重湖  天候:雨/晴

南幌三重湖

 結果順位

優 勝
鹿内裕之5.44 kg
第2位
西村 昭5.38 kg
第3位
竹田文夫5.23 kg
第4位
笹出和彦5.15 kg
第5位
上田隆啓4.86 kg
大 型
竹田文夫35.20 cm

 例会スナップ

21枚のスナップが登録されています

 2019年度第12回例会のスナップ表示

 状況

最終例会は数年ぶりの三重湖。
前日の試釣ではマブばかりで全くの不調。かなりの苦戦が予想された。今日の風は北西で最大6m程度。

しかしながら実際始まってみると、北面〜西面を中心にまずまずの釣果。上位は30枚前後で5kg台という結果だった。

 優勝データ

入座場所 四阿南側

竿 7 タチ 1.5 タナ 底 
道糸 0.8 長ス 0.4(40cm) 短ス 0.4(30cm) 
上バリ バラサ(4) 下バリ バラサ(4) 
ウキ 凱ラウンドPC(5) 

釣り方 両グルダンゴ 
バラケ クワセ
尺上1+新ベラ1+凄グル1+水4(ややボソを手もみして) 
枚数 30枚 

コメント
7時〜9時頃が良く、以降はポツポツ。最初は下バリトントンから5cmずらしで落ち込みメインに狙い、その後、上バリトントンに変更してアタリを送り気味にして食い上げを狙った。 

スポンサード リンク

メニューを閉じる